読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊戯足跡

プレイしたゲームの感想とかをつらつら書き連ねているサイトです。ゲーム購入の一助にでもなれば…

ストレスフリーなダンジョンRPG【剣の街の異邦人】

ハード:PSvita

ジャンル:RPG

プレイ人数:1人

 

快適:☆☆☆☆☆

熱中:☆☆☆☆☆

総評:☆☆☆☆

 

 

感想

 

 危険な魔物の徘徊するダンジョンに潜り戦い、街に生還して安息を得て獲得した装備に身を包み更に深くまで潜る…今日ご紹介するのはウィザードリーと同タイプの3DダンジョンRPG、剣の街の異邦人だ。

 

 物語は主人公(あなた自身)が現実世界からワームホールか何かで異世界に飛んでしまうところから始まる。異世界転生物は割りと王道なのでこの辺は馴染みやすいだろう。しかし、飛んだ先の異世界は常に命の危険が隣り合わせな重苦しい空気が漂う殺伐とした雰囲気の世界。あなたは異世界転生の先輩たちに連れられて異邦人ギルドに加入することになる…

 

 このゲームでは主人公も含めて全てのPTキャラは自作することとなる。名前、種族、職業、特技、グラフィック…そこそこ細く設定ができるので存分に異世界転生者の気分を楽しむといいだろう。

 

 このゲームに限った話ではないが、チームムラマサ(開発)のダンジョンRPGはプレイヤーが快適にゲームを楽しめるようにとの気遣いが各所に感じられる。それは戦闘の高速化(もちろん格下以外に使うのはデンジャラス)だったり、ダンジョン内の一度到達した地点までの自動高速移動だったり、ドロップアイテム収集の効率化だったりと多岐にわたる。それらの細かなサポートのおかげでストレス無くダンジョン探索が楽しめるのだ。まぁ、これらのサポートは人によって好き嫌いが別れるだろうが…

 

 ゲームとしてのバランスは悪め。というか重要なステータスについての説明がないので、ステ振りをミスると絶望的に難易度が上がってしまったりする。こればかりは擁護のしようがない。もしこのゲームを買ってプレイしようと考えている人がいるのならその点だけは注意して欲しい。